土木全般

土木全般

降水量のはなし

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 今日は「降水量」についての話をしたいと思います。 降水量とは 降水量とは、降った雨などがどこにも流れ去らずにそのまま溜まった場合の水の深さを表しています。 ミリ...
土木全般

環境デザイン?都市システム?大学の土木学科はわからない!

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 橋や空港、都市計画や交通計画、スケールの大きいものづくり・まちづくりって魅力的ですよね。 “ものづくり学科”に行きたいなぁと考えている中高生もいらっしゃると思います。 これら...
土木全般

出来形と出来高の違い

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 「出来形」と「出来高」という土木・建築用語ありますよね。 よく似ている言葉ですが、この2つは意味が異なります。 ここでは「出来形」と「出来高」の違いについて解説します。 ...
土木全般

公図の見方・読み方

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 法務局でとれる公図とは、地番と筆界が示された14条地図と地図に準ずる図面のことですが、実際に公図を見る時にはいくつかポイントがあります。 ここでは、そのポイントについて解説します。...
土木全般

公図の取得方法

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 ここでは、公図の取得方法について簡単に解説します。 公図とは何なのか?についてはこちらの関連記事をご覧ください。 公図をとるまえに...
土木全般

境界を示す図面を解説します(14条地図、公図、地籍図、地積測量図など)

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 市役所はたくさんの土地を管理しています。庁舎、学校、図書館、公民館、公営住宅、消防施設などなど…。土木分野でも道路、河川、公園などを管理していますよね。 これらの土地は所有権も市役...
土木全般

公図とは何なのか

公図とは、法務局に備え付けられている地図のことで、土地の区画が分かるように地番と筆界を示したものをいいます。 こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 みなさんの業務では「公図」を使ってますか? 今日は、公図について...
土木全般

地番ってなに?

地番(ちばん)とは、法務局(登記所)が定めた土地の番号です。 こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 不動産関連の仕事をしてる方には常識な言葉ですが、「地番」という言葉は、実はあまり広く認知されていません。私も入籍のとき...
土木全般

平板載荷試験とは?

平板載荷試験とは、実際に現場でおこなう原位置試験のひとつで、直径30cmの載荷板を設置して、荷重をかけて沈下量を測定し、地盤の支持力を求める土質試験です。 こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 土質試験のひとつに平板載...
土木全般

市役所の「発注者支援業務」を赤裸々に語る

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。 さて、今回は市役所の発注者支援業務について解説します。 多少踏み込んだ現場の実態をお話ししますので、そういう自治体もあるんだなー程度で、 あくまで参考程度にお願いします。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました