上水道と下水道の違い

水道・下水道

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。

市民の方と話していて、「この人、上水道(水道)と下水道の違いをよくわかってないな」と思うことがよくあります。じつは、学校で土木工学を学んできたはずの土木公務員も、イマイチ違いを分かってなかったりするんです(;´・ω・)

ということで、ここでは土木公務員が知っておくべき「上水道(水道)と下水道の違い」について解説いたします。

カミノ
カミノ

技術的な話もあります。わかりやすく解説しますのでぜひ読んでください。

スポンサーリンク

上水道と下水道の違い

上水道と下水道の違いですが、まあ簡単に言えばキレイな飲み水なのか、使い終わった汚い水なのか、ですね…。

水の循環と上下水道事業 呉市Webサイトより

↑のイメージ図で言うと、川から家庭・工場等までが上水道家庭・工場等から海までが下水道です。「都市の動脈と静脈」と言えばわかりやすいでしょうか。
※厳密には工場は工業用水道ですが。

都市用水の4つの水施設(上水道・中水道・下水道・工業用水道)はこちらの記事で解説しました↓

そのなかで、上水道と下水道がよく業務でも関わることが多いと思いますので、より詳しく違いを解説します。

ひとつずつ見ていきましょう。

所管の違い

まずは、所管する省庁が違います。

上水道 → 厚生労働省

下水道 → 国土交通省

上水道は飲み水であり、人の健康に直接影響を与えるものですので、土木・建設工事にも関わらず厚生労働省が所管することになっています。

それだけ、上水道のほうが水質・衛生管理が厳しいということですね。

施工に関してもそれぞれで積算基準などを設けているので注意してください。

カミノ
カミノ

ここでは上水道を水道と呼びます。

水質基準の違い

水質基準の違いとしては、

水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で基準値(51項目)が決められています。また、そのなかでも目標値が定められている項目もあります。水の美味しさにも関わってくるところですね。基準値(51項目)はこちらからどうぞ↓

水質基準項目と基準値(51項目) (mhlw.go.jp)

下水道は、下水道法と都道府県条例などで、工場・事業場から公共下水道へ排出するときの水質基準を設けています。例えば、東京23区ですとこちらの基準になります↓

下水排除基準(東京23区内)|東京都下水道局 (tokyo.lg.jp)

基準を守ってもらえないと、下水管が詰まったり、有毒ガスは発生したり、清掃回数が増えたり、水処理施設の能力が下がったりするのです。

また、環境を汚染しないように、公共下水道または流域下水道からの放流水の水質基準も定められています。下水道法や水質汚濁防止法ですね。環境省の一般排水基準はこちらからどうぞ↓

環境省_一般排水基準 (env.go.jp)

カミノ
カミノ

私は、水質基準は全然詳しくないのですが、運用部署に配属すると必ず勉強することになりますよ。

管種の違い

使用する管の種類が違います。

水道本管は、新規布設ではダクタイル鋳鉄管と高密度ポリエチレン管が使われています。ほかにも橋梁添架はステンレス管や鋼管を使ったり、自治体によってはHIVP管などを使っているところもあるかもしれません。

ダクタイル鋳鉄管は、鋳鉄管をより強度を高めたもので、新規布設では耐震継手のGX形とNS形が使われています。

カミノ
カミノ

2022年1月現在で塗装問題により供給停止し、全国的に工事が止まるという異常事態がおきています( ゚Д゚)

宅内への給水管は、低密度ポリエチレン管や、硬質塩化ビニル管など様々な管種があります。
 

一方、下水道管は、硬質塩化ビニル管とリブ付硬質塩化ビニル管が使われています。地下水があるときはリブ付という使い分けですね。

管の直径が大きくなればコンクリート管(ヒューム管)や強化プラスチック複合管、また、シーンによっては水道と同じようにダクタイル鋳鉄管、ステンレス管、鋼管などが使われています。

カミノ
カミノ

材料がたくさんあって訳が分からないですね。自治体によって使い分けが全然違ったりしますよ。

塩ビ管についてはこちらで解説しました↓

圧力の違い

なぜ管の種類が違うかと言うと、水質基準と圧力の有無のせいです。

水道はすべて圧力をかけて送水するため、内部に強い圧力が掛かります。車両荷重からの外圧だけでなく、内圧にも耐えられる材料が必要になるのです。下水道でも橋梁添架などで圧送するときはありますけどね。

水道水圧の基準は、水道施設の技術的基準を定める省令で、配水管から給水管に分岐する箇所において0.15Mpa~0.74Mpaと範囲が定められています。

ふつうは配水管の水圧は0.2~0.4Mpaくらいです。

0.1Mpaの水圧は高さ10mに換算できますから、0.2~0.4Mpaは20~40mの高さの配水池から配水している(もしくはポンプで圧送している)ということです。配水管に大きな穴が開けば、20~40mの高さまで噴き上がることになります。また、それ以上の高さのビルに配水するときは水圧が足りないので増圧ポンプを設置する必要があります。

下水道は、原則自然流下なので、圧力はほとんど発生しません。

カミノ
カミノ

内圧があるかどうかの違いは必ず押さえておきましょう。

勾配の必要性

水道は圧送するということは、勾配を気にする必要はありません。上り勾配でも配水できるのです。

下水道は自然流下なので、必ず勾配をつける必要があります。設計段階で測量をおこない、下水道管網を適切に定めて、施工でもシビアに高さ管理をすることになります。

ということで、下水道の設計施工のほうが技術的には難しいといえますね。あくまで私の感覚では。

使用料金の違い

ここからは技術的な話ではなくなりますが、一応土木公務員としては知っておくといいかなと思うところです(*´ω`*)

上水道、公共下水道を使われてる皆様は使用料を払ってますよね。

水道のメーターで使用量を測って、下水道の料金もその水量で計算されます。

自治体によって料金設定は異なりますが、だいたい下水道料金は水道料金の5~9割くらいですね。例えば大阪市は一般家庭で一月30㎥使ったら水道料3,476円、下水道料金2,189円みたいです。

大阪市水道局:水道料金・下水道使用料早見表と計算式 (水道をお使いの皆さまへ>水道料金) (osaka.lg.jp)

水道加入金と受益者負担金

日常の使用料金とはべつに、新しく加入するときは別料金が掛かります。それが水道加入金と下水道の受益者負担金です。

水道加入金は簡単ですね。建物(敷地)に新しく水道を引くときに、給水引き込み工事費用とは別に、水道局に加入金を納めるものです。例えば、仙台市の場合は、13mmで給水するとき107,800円(税込)が掛かります。なかなかの金額が掛かりますよね(;´・ω・)このお金は水道の新設や更新工事に当てられます。

水道加入金について – 仙台市水道局 (city.sendai.jp)

 
一方、下水道の受益者負担金はすこし複雑で、しかもちょっと理不尽なお金です。

受益者負担金とは、公道に下水道が整備されることによって利益を受ける土地の所有者などの方に、建設費の一部として土地の面積に応じて一度限り負担していただくものです。

新しく公共下水道が整備されると生活環境が良くなり、土地の価値が高まります。ですから、下水道に加入するしないに関わらず、区域内の宅地、田、畑等の土地全てを対象として負担してもらうことになります(市街化調整区域内は、宅地のみ)。しかも面積に応じるので、大規模店舗などは数百万を負担することもザラにあるんですよ。

こちらも金額設定はピンキリですが、例えば、仙台市では1㎡あたり200円となっています。100㎡の敷地なら2万円ですね。

下水道への接続について|仙台市 (city.sendai.jp)

カミノ
カミノ

受益者負担金は、都市部に住んでいる方は聞いたことないかもしれませんが、郊外などで新しく下水道整備するところでは重要事項なので、土木公務員の皆様はぜひ知っておきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

ということで、上水道と下水道の違いを、いろんな視点から見てみました。

基礎的なことしか書いていませんが、なんとなく分かりましたか?

土木公務員であれば上下水道局に異動することもありますし、道路や河川畑で上下水道と関わることはすごく多いはずです。ぜひ覚えておきましょう。

では今日はこのあたりで。

またぬん(*’ω’*)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました