パーキンソンの第二法則 〜行政予算は増えていくもの〜

公務員の仕事
カミノ
カミノ

法則大好きカミノです。今日はこの人をご紹介します。

パーキンソン
パーキンソン

パーキンソンじゃ。

いわゆるパーキンソンの法則と呼ばれるものには、第一法則、第二法則、凡俗法則の3つがあります。

スポンサーリンク

パーキンソンの第二法則

シリル・ノースコート・パーキンソンはイギリスの歴史学者・政治学者で、1958年に著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』でいくつかの「法則」や「分析」を発表しました。この著書の内容はコチラに書いてます↓↓

パーキンソンの第一法則 〜仕事が勝手に増える!?〜
カミノ法則大好きカミノです。今日はこの人をご紹介します。パーキンソンパーキンソンじゃ。いわゆるパーキンソンの法則と呼ばれるものには、第一法則、第二法則、凡俗法則の3つがあります。パーキンソンの第一法則...

パーキンソンの第一法則は「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」というものでした。

これは「資源を使い切るまで需要は膨れ上がる」と一般化することができます。資源をお金に言い換えたものが第二法則です。

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

パーキンソンの第二法則

収入が増えても、その限度いっぱいまで支出しちゃうよ。ってことです。

出世して収入が3万円増えたけど、新しい趣味を始めて毎月消費しちゃったとか。

臨時収入あったけど、すぐ飲み代で使っちゃったとか。

あるあるだと思います。

カミノ
カミノ

私の周りには給料日前に残金1000円の人がいます。

行政の場合は、決められた予算を目一杯使い切るということですね。これは皆さんご存じの事実だと思いますが、

行政について話す前に、予算の仕組みを知りましょう。

スポンサーリンク

予算の仕組み

予算(よさん)とは、収入や支出の計画、また、一会計年度における(中央政府や地方政府の)歳入・歳出の計画。日本語の「予算」には一定期間の収入と支出の予定や計画という意味があり、政府だけでなく企業や家計といった経済主体でも策定される。

wikipedia 

政府が公共事業をおこなうためにはお金が必要です。

税金などで得たお金を公共事業で使うわけですが、無駄な支出を減らして税金を節約するために、計画立てて、何から得て何に使ったかを整理する必要があります。時間の区切りも必要です。

そのために会計年度という枠組みが出来ました。

日本国家では4月から翌年3月までを予算会計年度としていますから、地方自治体も合理化のために倣って4月から3月までの1年間を予算会計年度としてます。

私はこのシステムを単年度決済と呼んでます。たぶんこんな言葉ありませんが、単年度で全て清算するという概念なので。

ちなみに、イギリスでは日本と同じで、4月から翌年3月までを予算会計年度としている。フランスやドイツでは1月から12月までを予算会計年度としている。アメリカでは10月から翌年9月までを予算会計年度としている。なお、アメリカの州予算では予算の期間を2年間としている州もある、とのこと。

ということで、年度当初に予算が議会で決まり、行政の場合は歳入と歳出がピタリと合うように計画されます。つまり税金などの収入を計算して、それに合うように、お金の使い方をすべて年度当初に決めちゃうのです

この時点で第二法則を満たしているんですよね。

単年度決済の罠

さて、ここからが本題なのですが、この単年度決済にはある重要な罠があります。

とにかく予算が拡大していくのです。

もちろん節約!節約!と呼びかけてはいるのですが…。

どういう事か説明しますね。

公園の草刈り要望がきた

例えば、公園の草刈り回数を増やしてくれと地元から要望されたとします。
たしかに、この公園は夏は草ボーボーになっていて町内会のボランティア清掃も参加率が悪く維持管理できていません。正直ボーボーでもいいやんと思いますが、使う人からするとちゃんと維持管理してくれ!となりますよね。

来年度から業者の除草回数を増やす判断をしたとします。この判断は、まあ適切です。

カミノ
カミノ

今年度は予算が決まっているので、来年度から増やすことにします。

おばあさん
おばあさん

あら、ありがとう。これでゲートボールができるわあ。

ハイ、次年度の予算が増えました。

って簡単に予算をつけてくれません。財政課も各課から要求されますから厳しい判断をします。

じゃあどうするか?

予算要求額をふっかけるわけです。もっと必要です!うちの課にはもっと必要なんですうう!と見積もりを高くして要求して、半分くらいついたらヨッシャー!となるのです(笑)

単年度決済の宿命 ~増税~

予算が増えてばっかりじゃ問題ですよね。

もちろん予算削減のために、例年掛かる費用を縮小できないかアレコレ考えたりもしますが、メンテナンスフリーな土木構造物、契約形態の見直し…

その削減事業自体にも費用が掛かって本末転倒なこともあるし、結局焼け石に水です。それを遥かに上回る市民要望が来るから。

地元要望だったり、やりたい事業を叶えるためにはお金が必要です。課(部局)の予算をまるで自分の財布のように考えるようになります。

自分たちが市民に謝って、謝って、怒られて、卑下されて、…をしたくありませんから、みんな自分の財布を確保するのに必死です。今の予算はキープしたまま、新しい費用を要求します。

そんなわけで、予算要求額は一向に減らず、とにかく予算が拡大していくのです。

つまり、税金がドンドン上がります

単年度決済が悪いというわけではありませんが、毎年度議決で変えられるため歳入の増額という対応が出来てしまうのです。増税もすぐにできませんから別のところで賄いつつ、流れとしては間違いなく増税の流れになります。

増税は単年度決済の宿命だと思います。

これを私はパーキンソンの第二法則 拡大の法則と呼んでいます。(今名付けました)

なんで増税するんだ!と怒る市民は多いでしょう。そりゃみんな怒ります。

Q.なんで?

A.そういうシステムだから。

市民からの終わりなき要求があるから。それが理由です。

民間でも行政でも、市民と接する窓口等の職員は

どれほど人間が横暴で我儘かを知っているのです。

カミノ
カミノ

窓口業務ありがとうございまーす。

必ずしも悪では無い

今初めてこの話を聞いた人はお怒りでしょう。

単年度決済なんかやめろ!と。

まあ単年度決済は必要かつ合理的だからこの形に落ち着いてる訳ですが。

私も最初の頃は単年度決済やめる方法ないかなーとか、どういう制度が税金を節約するための1番いい形かなーとか考えてたこともあります。

でも、今の考えはちょっと違います。

行政の支出は何も私利私欲のために使っている訳ではなく、民間企業に支払っているのです。

よく聞く言い方だと経済を回しているのです

こんな風に気楽に考えた方が精神衛生上よいのです。

ケチって予算要求を遠慮してたら、市民からの要望に答えられず、自分が謝って精神をすり減らして病んでいってしまいます。

そうなるよりは、経済回しとるじゃ!オラァ!と考えた方がいいでしょ。

勿論、節約出来るとこは節約しながらね。

こんな訳で、予算は拡大していきます。民間の皆さんは行政からの請負を狙うべきでしょう。

行政の財源は、枯れることの無い大いなる泉なのだから。

削れるところはない?

たしかに予算管理が杜撰な面もあります。

なんでそんな工事するの?みたいなことに予算要求してたり、無意味orコスパ悪いところに予算が配当されてたりします。無能な係長や課長だとこうなります。

上から事前打合せなしに無理難題な事業を振られるのもしょっちゅうですし、その予算を使い切るためにコレをしようとかココだと効果があるのでは?とかコスパ悪い中から手探りで進めることもあります。(笑)これは国からのお達しが多いですね。

国のありえない政策に莫大な予算が注ぎ込まれてるのは目を覆いたくなりますよね。

そこは監査を頑張れとしかいえないですね。

スポンサーリンク

第二法則への対応

やはり必要な分は整理して、計画して、

削るところは削る!

それしかありません。

家計のことで言えば、

①最初から天引きする(財形貯蓄、投資信託)

②家計簿をつけて不必要な出費を削る

とにかく整理することが第一歩ですよ。

カミノ
カミノ

公務員の仕事は、整理すること。

スポンサーリンク

おわりに

パーキンソンの第二法則というよりも、予算の拡大について書きたかったから満足。

こういう世の中の真理をついた自然現象的な法則は面白いですよね。

パーキンソン
パーキンソン

法則は自然の流れ。

流されたくなければ、流れを知り、抗うことだ。

みなさんのお金コントロールの参考になれば幸いです。

今日はこのあたりで失礼します。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました