地方公務員の休暇とは?

公務員の休暇
カミノ
カミノ

公務員の特権でもある充実した休暇制度についてお話します。

スポンサーリンク

はじめに

みなさん、お盆休みいかがお過ごしでしょうか。

民間の方は、9日間休む人もいるみたいですね。最高や〜ん♡

さて、福利厚生が手厚いと言われる公務員。お盆休みはないものの、ほかの休暇制度は充実しています!今日はそこんところを詳しく解説していきます。

※記載する情報は私が調べたものと、勤務先の市役所の制度をごちゃ混ぜに書いていますから間違っていたらすみません。

まず、休暇制度の前に、週休日と休日、年末年始休みについて話しておきます。

スポンサーリンク

週休日

週休日は勤労の義務がない日です。

当然、土曜・日曜のことです。お休みです。

もし勤務を命じられたら、週休日の振替をおこない平日の勤務日を週休日に振り替えることができます。

スポンサーリンク

休日・年末年始の休み

祝日法によって決められた国民の休日のことです。

第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

国民の祝日に関する法律

てことで、カレンダーに祝日で入ってくる有難い日ですね。今数えたら16日ありました。法律に忠実な公務員はもちろん仕事お休みです。

これと、年末・年始の休日が12月29日〜1月3日までの6日間あります。

土日でなければ、仕事納めが12月28日で、仕事始めが1月4日です。

カミノ
カミノ

国民の休日…。なんという素晴らしい響き。
こぞって祝い、感謝し、又は記念しましょう。

スポンサーリンク

休暇ってどんなのがあるの?

地方公務員の休暇は、いろんな種類があります。

正直、分け方がわからないんですけど、私なりに分析して無理やり分類してみました(笑)

  • 年次有給休暇
  • 病気休暇
  • 結核療養休暇
  • 介護休暇・介護時間
  • 特別休暇

ざっとこんなもん?

また、特別休暇の中にさまざまな休暇があります!

例えば、夏季休暇、療養休暇、出産休暇、育児休暇、リフレッシュ休暇、生理休暇、結婚休暇、忌引休暇、妊産婦検診、子の看護のための休暇、ボランティア休暇、短期の介護休暇、育児時間、組合休暇、不妊治療休暇、災害等による出勤困難、証人出頭、などなど

これは自治体によって独自にルールが決められているようです。

ひとつずつ見ていきますが、特別休暇も代表的なものだけ紹介します。

年次有給休暇

1年間で20日付与されます。ごく一般的な「有給休暇」です。「有給」とか「年休」と呼ばれてます。

1月~12月で1年としてカウントされて、使わなかった分は翌年に限り最大20日を繰り越すことができます。溢れた分は捨てられて、最大40日までスタックできるというわけです。2019年4月に労働基準法が改正されて、最低5日は取得することが義務化されました。特に民間では最低5日!と呼びかけられていると思います。

1日だけでなく午後だけとか1時間だけとかでも使うことができます。いわゆる時間休ってやつです。

これがなかなか使い切ることは難しいんですが、毎年20日使い切る人もいます。

ある調査機関の比較調査によると、平均取得日数は公務員で約11日、民間で約9日とのこと。

ちなみに私もだいたい10日~15日くらい取得します。風邪やインフルでも使いますしね。毎年、今年は20日使う!と決意しますが業務量が多くなかなか取得は難しいです。「休みをとれない人は仕事がさばけない人」ですので、私ももっと頑張らねばと思います。不当依頼は断ります(笑)

とりやすさは部署によって違うと思いますが基本的に繁忙期でなければ簡単にとれます。

私の所属係では前日までにカレンダーに(休み)と入れておけば休めますし、当日LINEで「体調不良で休みます…」も通ると思います。

病気休暇

病気にかかると1年間で90日間まで取得できます。有給です。

これも有名な制度ですね。1,2日なら診断書なしでも領収書などで代用可能とのこと。

3日を超える場合でも、診断書1枚で最大90日休めるわけです。とんでもない制度ですよね。

これを利用する公務員に多いのは「うつ病」です。民間の人には分からない、公務員ならではの辛さ、それは市民からのクレームです。頻繁にやり取りすることが多い人は確実に心にダメージを受けていきます。それだけでは病みはしないと思うんですが、そこに業務量過多や職場内パワハラ、重責ある業務、プライベートの不幸などが重なると、うつ病になってしまうのではないかと、私は思います。

私のまわりでも何人か休職者出ましたが、いくつか素因が重なってしまって、職場に出てこれなくなるようです。早めに病気休暇を取ると復帰後も早く元気になれる気がします。

90日休めるわけですが、さらに職場復帰し6か月経過すると、なんと、また90日の病気休暇が使えます。これを利用して、何度も病気休暇を繰り返す職員もいるようです。

残念ながら1回で完治しないのなら自治体に貢献していないどころか迷惑をかけているので、本来ならクビにしてもいいような人材ですが、公務員なのでクビはありません。

有給で何度も休めるのは制度の欠陥だと思いますが、クビになったところで生活保護等の税金制度を利用するだけな気がしますし…。なんとか改善できないもんでしょうか。

カミノ
カミノ

私は年休で済ませるので、使ったことありません。

結核療養休暇

結核だけは病気休暇ではなく、結核療養休暇となり、休職期間も特別な給与体制がとられるようです。最初の1年くらいは全額支給の有給です。私の解釈がおかしいのかもしれませんが、だいたい4年くらいで治らないと失職してしまうようです。

ただし、昔は国民病と言われるほど伝染し死人を出した病ですが、友達の看護師さんに聞いたところ今では結核は治る病気とのこと。強い治療薬のおかげで、だいたい半年くらいでは治るそうです。

治ってないのに90日で職場復帰されて伝染されたら危険なので、特別な制度が組まれていると思われます。使う機会はほぼ無いでしょう。

介護休暇・介護時間

病気や老齢で介護が必要な人を介護するための休暇制度です。無給です。

最大1年間取得できます。

介護時間は、1日2時間以下だけ取れる制度で、時短勤務みたいになるみたいです。介護休暇との併用はできないとのこと。

介護休暇は無給ですが、共済組合から介護休業手当が支給されます。詳しい制度は各自治体で違うと思いますので省略します。

介護が必要になったらこういう制度を確認しましょー。

特別休暇

いよいよやってきました。様々な種類がある特別休暇です。

たぶん全て有給です。私が調べた限りでは…。

例えば、夏季休暇、療養休暇、出産休暇、育児休暇、リフレッシュ休暇、生理休暇、結婚休暇、忌引休暇、妊産婦検診、子の看護のための休暇、ボランティア休暇、短期の介護休暇、育児時間、組合休暇(無給)、不妊治療休暇、災害等による出勤困難、証人出頭、などなど

があると書きましたが、これは自治体によって内容が変わります。

代表的なものだけ説明します。

夏季休暇

年休と並び、かなりポピュラーな休暇ですね。

7~9月の間に、5日間だけ取得できます。お盆休みがない公務員にとっては、唯一の夏休み、心のオアシスです。(ちなみに、お盆休暇・墓参り休暇がある自治体もあります。)

年休は余らせてしまいますが、夏期休暇は5日とろうという雰囲気があるので、だいたい5日使い切ります。いや、使い切ろう。

出産休暇・育児休暇

産前産後休暇ともいいます。出産日前後でそれぞれ2か月取ることができます。

育児時間という制度は、時間休バージョンのようです。

さらに、育児休業や短時間勤務制度がありますが、これは休暇とは別枠なので、また次の機会に書いてみようと思います。

リフレッシュ休暇

例えば、勤続10年、20年、30年の節目に取得できる休暇です。1~4日取得できるようです。これは民間でもある所とない所ありますね。あまり気にしない休暇です。

結婚休暇

いわゆるハネムーン休暇です。

結婚した時に5日間、取得できます。ありがたいです。

忌引休暇

これは親族が亡くなったときに取得できるものです。亡くなった方との関係で日数は変わりますが、例えば配偶者や実親が亡くなったときは、7日間取得できます。

ボランティア休暇

無報酬で災害等のボランティア活動に参加するときの休暇です。1年で5日間程度、取得できます。有給なので自分の業務が片付いていれば積極的に参加してもいいかもしれませんね。

組合休暇(無給)

労働組合の活動に専念するときの休暇です。ただの集会に参加するだけはダメで、執行委員として、決められた仕事内容をおこなう場合に取得できるそうです。これに限っては、無給だと地方公務員法で決まっていますが、実際は組合から行動費として補償されているそうです。給与無しならやりたくないですもんね。

一部の市区町村にだけある休暇制度で、県庁と政令指定都市にはありません。

ちなみに、公務員の方は労働組合に半強制的に加入していると思います。私も最初入っていましたが、毎月の天引きが不当に高額だと感じたんで、脱退しました。賃金値上げ要求するのはいいけどさ、まず組合費がバカ高くないですか?そこの値下げを要求します。

労働組合については、その役割、成り立ち、専従や非専従なども勉強中なので、また記事を書きますね。

スポンサーリンク

おわりに

様々な休暇制度を見てきましたが、紹介できていないのもまだまだ沢山あるわけで!
公務員って厚遇されてますよね~。

しかし、こんだけ厚遇されているのに、実際休みをとれていないというのが実情です。私もそのうちの一人です。今回改めて勉強してみて休み取らなきゃなと反省しました。

ホントのホントに休み取ろう!

どれもちゃんと条件をクリアして申請すれば取得できるものです。特に病気休暇はよく取られています。診断書1枚でいいし、子供の看護のための休暇も領収書でOKです。

悪用は厳禁ですがね!

カミノ
カミノ

まずは年休消化頑張りましょう!

育児の時短勤務制度などは、別枠の休業制度となりますので、今回は詳しく書いていません。機会があれば勉強して書きたいと思います。

公務員の方、就職志望の方の参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました