「離合する」という言葉について

道路

今日も道の日にちなんだ道ネタです。ラストです。

カミノ
カミノ

「離合する」という方言についての話です。

スポンサーリンク

『離合』の意味と由来

「離合」という言葉を皆さん聞いたことあるでしょうか?

西日本で使われてる言葉なんですけど、まあいわゆる方言ですね。

狭い道で車がすれ違う、という意味で、「この道ちょっと離合できないよ~」みたいな感じで使われます。中央線があるような道ですれ違うときには使いません。下の写真のようなときですね。山道が多いと思いますけど。

私は九州人と話してるときに始めて聞いたんですが、意味が分かりませんでした。離合って離合集散という四字熟語でしか使いませんよね(笑)

漢字の意味も、「離合?車がすれ違うことと離れる・合うって漢字のニュアンスが違うくない?」と思ってました。でも、確かに使ってみると便利です。

由来としては、鉄道用語から来てるそうです。元々、鉄道・電車がすれ違うことを離合というのだとか。(鉄道用語の場合は、狭い道で、というニュアンスはありません。)

ただし、調べた感じだと、道路上の「離合注意」という立て看板が40年前からあるという話もあるので、地域に根付いた言葉であり、どちらが先かは不明だなという所感です。年配の方に聞いてみるとヒントがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

どこの地域で使われているの?

離合がどこまで通用するのか、調べたサイトがありました。

Jタウンネットでアンケート調査を行い結果をまとめてくれています。

https://j-town.net/tokyo/research/results/125093.html?p=all

鹿児島を中心に九州と中国、四国あたりで使われているようです。

ちなみに、「離合」を使わない地域では、「すれ違い」、「行き違い」、「対向」という言い方をします。

スポンサーリンク

ブラタモリでも話題になった

2017年12月9日に放送されたNHK番組『ブラタモリ』内で、「離合」という言葉が取り上げられました。方言だと知った人たちから反響があり、ネットで話題になりました。

スポンサーリンク

おわりに

今日は土木とは直接関係ないですが、道にまつわる興味深いネタをお送りしました。

意外な方言とか、通じない言葉とかって面白いですよね~。とくに東北、九州は独特な言葉が多くて、その出身地の人と話すと、なんじゃそれは?っていうこともあります(笑)

自動車教習所のことも、地域によって呼び方が違い、「教習所」とか「車校」「自校」と言うそうですよ。特にヤバいのは、北海道は「自学」、沖縄は「自練」と言うのだとか…。ホントかな。

北海道、沖縄の人いたら教えてください(笑)

カミノ
カミノ

『離合』みたいな使いやすい言葉なら全国に広まってほしいですね。

では今日はこのあたりで失礼します。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました