国勢調査指導員をやってみた3【締め切り間近です!編】

国勢調査

カミノ
カミノ

こんにちは。今だけは国家公務員のカミノです。

私は国勢調査の指導員をしております。

指導員というのは、国勢調査員をフォローして最後に調査票をとりまとめる仕事です。

今日は、そろそろ回答期間が終わりますので、前回の配布開始から今回の督促業務までにあったことを書いてみようと思います。

前回の記事はコチラからどうぞ↓↓

スポンサーリンク

大きなトラブルなく進んでおります

さて、前回の配布が始まってからしばらくは調査員の電話は少しあったくらいで、大きな問題はなかったですね。私の調査区ではね。

同僚の調査区では、調査員が突然入院することになって、しかも配布した世帯番号が一部めちゃくちゃだったようで、ちょっとわけ分からんことになってるみたいです(笑)仕方なく指導員の同僚が急遽、調査員もすることになったそうですが、配布が間違ってるならもう何もやりようがないんですよね。

国勢調査員・指導員として「調査で知り得た秘密を漏らすことや、調査の信頼を損ねるような情報発信は絶対にしないでください。」とされていますので、信頼を損ねる内容なので書いちゃダメなことかもしれません(笑)でも事実だし。こういうことはどこの自治体でもあってると思います。だって番号の整理の仕方がちょっと難しいですもんね。調査員も人手不足なので何の条件もなく成れて、この人大丈夫か?みたいな人もいると思います。だから役所の職員が指導員をしているんですが。

まあ、うん、一覧表と名前を照らし合わせれば、上手くフォローされると思います!

スポンサーリンク

これぞ、マッチポンプじゃん!な話

ちなみに、調査員のおじいちゃんから面白い質問をされたので一つご紹介します。

「9月24日から30日までに仕事をしていたか?って質問事項について、私は調査員の仕事をしているから[主に仕事]にするのか?」という質問でした。

なんだこの禅問答チックな質問は。

手引きを見るとFAQに回答がありました。[主に仕事]とするのが正解なようです。

でもこれ完全にマッチポンプじゃないですか?

普段無職なんですよ。超短期で調査の業務を1日1,2時間やってるだけですよ。仕事をしていると回答していいのか?調査で雇用を作り出して、仕事をしていると回答する。60万人いる調査員分が「仕事をしている」とカウントされるのはどうなのよ、と懐疑的に思ってしまいました。でも仕事をしていない、とするのも間違いな気もするし、難しいですね(笑)

なんかモヤモヤする~。

スポンサーリンク

締め切りが延長されました

10月7日が回答期限だと周知されていましたが、回答率が悪かったようで、ギリギリになって20日まで延長する!と報道されました。

これ総務省はちょっと誤報ですよと言っていて、「締め切りを10月7日としていただけで、元々が10月20日までの調査なんですよ。」とのこと。回答は引き続きネットも郵送も受け付けています。期限を設けてたんだから誤報でもない気がしますね。

スポンサーリンク

回答率は67.7%!

さて回答率の方ですが、総務省の発表によると、

令和2年国勢調査は、10 月7日(水)に回答期限を迎え、10 月 8 日(木)までのインターネット及び郵送の回答数は、3,617 万件であり、前回調査の世帯数を基に算出した回答率(参考値)は、67.7%となっています。

令和2年10月9日総務省 報道資料

前回同時期の水準は上回ったようですが、その後は急激に鈍化していて、前回調査を下回ってしまうのではないかと危惧されています。

私の市では、10月8日時点の回答結果が送られてきたんですが、ざっと見た感じ80%くらいはありそうです。インターネットと郵送は半々くらいかなという印象。

もうひとふんばりですね。

スポンサーリンク

督促業務について

10月16日~20日までが最後の督促業務の期間となっています。

15日までに回答を依頼してダメなら、16日からもう一度調査票と封筒をポスティングします。

それで調査員の仕事は終わりです。私はできるだけ正確な調査にしたいので、調査員たちに訪問して調査回答依頼をしてくださいと伝えていますし、皆さん最後まで頑張ってくれています。調査員は真面目な方ばかりです。

督促の配布用紙も足りていなかったので4人の方に、配布して説明を行いました。年休をとって対応したり、土曜の朝(今日)届けに伺いました。他の人は足りていたようで、電話とショートメールで説明しました。

20日まで頑張りましょう~!

20日の調査終了後は、調査員から調査資料と使った道具などを全て回収して(鉛筆とかは回収しない)、私の自宅に調査票たちがまとめて配送されてくるので、それと世帯一覧表・調査区要図の照らし合わせ作業を行います。マークシートが間違っていないかもチェックします。

スポンサーリンク

Twitterでバズった話

おまけな話ですが、あるツイートがバズりました!

人生で初めて!

こちらですね。

元ツイが鍵掛かったので見れませんが、↓の画像を上げてイキっておられたので、いやそれ全然意味ないし迷惑ですよ。とツイートしたわけです。

とても悲しいし、情けなくなりました。表現の自由は認められていますが、訴えたいことがあったら正しい方法で訴えましょう。さすがにネット回答したあとに調査票で遊んだだけだと思いたい(笑)

この日はちょうど有給をとってたので、リプに丁寧に返したりしてたんですが、ツイートって普通「いいね」が伸びるもんですよね。でも、これは前夜から「リツイート」が凄くて、ん?と思ってました。

リツイートが100件くらい行くとそこから加速しだすんですね( ゚Д゚) 午前中はRT時速1位になってたりしました( ゚Д゚)

鍵を掛けられて、祭りはようやく沈静化されました。

ちなみに、リツイートが1.8万回になるとエンゲージ数は40万近くになります。

いい勉強になりました。

おまけな話でした。

では、次回は調査終了後にでも書きますね。

20日までネット回答受付中なのでよろしくお願いします。

ありがとうございました~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました