1級土木施工管理技士の1次検定対策

土木の資格

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。

ここでは1級土木施工管理の「1次検定対策」をざっくり解説します。

スポンサーリンク

1次検定の概要

1次検定は7月頃に実施されます。

午前に「問題A」が2時間30分

午後に「問題B」が2時間

すべてマークシート。合計で6割得点が合格基準になっています。ただし、問題Bのなかの施工管理(応用能力)のみで6割を達成することも合格条件です。

問題A

問題Aは3つのパートに分かれていまして、以下のとおりになっています。

①土木一般 15問中12問を選択解答

②専門土木 34問中10問を選択解答

③法規 12問中8問を選択解答

計30問を解答するわけですね。

土木一般と法規はぜんぶ勉強しましょう。専門土木は、ダム・トンネル・河川・海岸・鉄道などさまざまな分野から出題されますが、自分の得意分野だけをしっかり勉強しましょう。

カミノ
カミノ

例年、だいたいの出題数が決まっています。例えば土工が5問、コンクリート工が6問など。

問題B

午後の問題Bの出題構成は以下のとおり。

①共通工学 4問必須解答

②施工管理 16問必須解答

③施工管理(応用能力) 15問必須解答

問題Bはすべて必須解答です。

令和3年度からは施工管理(応用能力)という新しい出題がありました。こちらも4択のマークシートで消去法が使えますから、冷静に考えればそれほど苦戦はしないはずです。

スポンサーリンク

私の勉強方法と勉強時間

では、私が実践した勉強方法をご紹介します。

といっても、過去問を解いただけですが(;´Д`)
わたしが購入していた過去問題集はこちらの記事からどうぞ。

試験勉強にとりかかったのは1か月前でした。まずは過去問を1年解いておくか~と思って、H28年を解いてみたところ、

44/65で67%得点でした。

ふつうに何も勉強せずに67%、合格やん、とりあえず安心(*´ω`*)というわけにはいかず、ヤマ勘で選んだ問題もあったので確実ではないなーという印象でした…。

ちなみに、時間は1年分で5時間くらい掛かったと思います。問題Aをとくのが1時間+解説読むのが1.5時間、問題Bにも同じように1時間+解説読むのが1.5時間くらい。途中に参考書を読んだりして確認作業もしていました。

ということでH29から続けて4年分解いた感じでは、

H29 得点率 67%
H30 得点率 75%
R1 得点率 84%
R2 得点率 87%

という感じで、H30からは着実に伸びましたね。やはり過去問とまったく同じだったり、似たような出題があるので、過去問をこなしていけば得点は上がります。

本番直前は、全体的に過去問を読み返し、確実にとれる問題を増やすことにしました。

勉強時間としては、1年分5時間×5年=25。復習に5時間くらい使ったと思うので、25+5=合計30時間くらいかな(。´・ω・)?

そして、本番。

R3 得点率 81%

・・・下がりました。まぁ合格は合格ですけど…。

原因を分析するに、当日の疲れでしょうか。朝早くから、試験地に行くまでにそこそこの電車移動。駅についても初夏の暑いなか会場まで徒歩移動、会場内でも階段を昇らなきゃいけない。試験室はエアコンを自分で調整できない、腰は痛いし、おそらく頭の回転も悪かったと思います。

自宅で解いたらあと3問くらいは正答できたなーと思ったり。

つまり、本番当日は100%の力を出し切れないわけです

カミノ
カミノ

8割くらい取れるように確実に高めておくべきでしょう。

スポンサーリンク

1次検定の対策

さて、次に対策について説明していきます。

とにかく過去問をやる

1次はとにかく過去問だけやってれば合格できます

最初に1年分解いて、6割いける人は私と同じ勉強時間でも大丈夫かと。

過去問やってみて6割未満の人、とくに5割も取れなかった人は基礎学力が足りない、もしくは、試験に慣れていないんだと思います。こういう人は気合を入れてやらなきゃいけない(;´・ω・)

もっと過去問を読みこんで暗記する時間がほしいし、参考書を読んだり書いたりして基礎学力をつける時間が必要なので、50~100時間以上確保したほうがいいかもしれません。

100時間だとしても、1日1時間するとしたら、3か月程度前から勉強する必要があります。

とりあえず早めに1年分解いてみて、試験までの時間配分を考えましょう。

勉強方法としては、不正解だった問題を「なぜ間違ったのか?」考えます。おそらく「正しい知識を知らなかったから」でしょう。ですから、正しい知識を記憶すれば解けるようになります。解説や参考書の正しい一文を読んでから、目を閉じて、同じ言葉を頭の中で喋ってみます。例えば、「コンクリートの打ち込み開始前に鉄筋・型枠を清掃し、型枠内に溜まった水は必ず取り除く」。目を閉じて反芻できないとしたら記憶できていません。記憶できるまで繰り返します。

また、5年分解いてみると、頻出する問題が見えてきます。それらは完璧に解けるようにしておきましょう。

余裕がある人は…

過去問を解いて8割取れるようになったぞ!って人は、ほぼ本番も大丈夫です╭( ・ㅂ・)و ̑̑ ヨシ!さらに詰めておきたいなら、2次検定も見据えてポイントを絞ります。

ここからは余裕がある人向け。

具体的には、以下の問題番号のところを重点的に勉強します。参考書も隅々までしっかり読み込みます。これらの分野は2次検定でも出題されるからです。先取りして重点的に勉強できれば2次検定が少しだけ楽になります。(1次検定の得点率もアップ!)

問題A
No.3~4盛土
No.5軟弱地盤対策
No.6~11コンクリート
問題B
No.14~24安全管理
No.30~31鉄筋・コンクリート試験
No.32騒音振動対策
No.34~35環境保全対策

スポンサーリンク

おわりに

ということで、1級土木施工管理の1次検定について解説しました。

参考になれば幸いです。

勉強のために準備するものなどはこちらの記事で解説しています。

2次検定はまた次回!

 
では、今日はこのあたりで。

またぬん(*’ω’*)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました