公務員女子がマッチングアプリで結婚した話

公務員の恋愛

こんにちは、土木公務員ブロガーのカミノです。

今日はマッチングアプリについて、婚活をやってみた現役公務員の体験談を書いてみようと思います。

マッチングアプリと聞くと、昔の出会い系サイトみたいな如何わしい印象を持ってる人も多いと思いますが、実際そういう面があるのは事実です。

悪い事件がたまにニュースになったり、良くなかった経験談がネットの口コミサイトで目につきますよね。でも、個人的には、そういうのは悪目立ちかなと思っていて、今普及しているアプリのほとんどは大衆向けになってるし、たくさんの健全な層が使っているサービスになっているんですよ。

かくいう私もペアーズ(Pairs)というアプリで素敵な相方を見つけて結婚することができました。

カミノ
カミノ

1人の体験談として、読んでもらえたらなと思います。

スポンサーリンク

恋愛が長続きしない

ではでは、経緯を少しお話します。ビール片手にお付き合いください。

皆さんは彼氏彼女がいますか?付き合ってどれくらいですか?

私は大学時代の彼氏と別れてから、結婚までは長い道のりでした。就職してからというもの、飲み会など誘われば、ガツガツ行ってたんですが、イケメンはなぜか不思議なことに彼女が居て撃沈(全然不思議ではない)。

ひょんなことからご縁があってお付き合いできても、数カ月で別れる、を繰り返しており、アラサーに片足を突っ込んだ頃から、そろそろ「やっべぇぞ」と思ってました。

婚活パーティー(街コン)にも参加したりしてみましたが、あまりこれといった成果はなく、というか魅力的な人がいませんでしたね(´・ω・`)

スポンサーリンク

最初は「with」から

マッチングアプリの存在はおぼろげながら知ってはいましたが、始めたキッカケはなんとなく見かけたネット広告でした。あんま覚えてない。

そこでマッチングアプリの存在をしっかり認知して、やってみようかなと思い、どのアプリがいいのかを調べてみました。で、健全なサービスは、Facebookの連携と身分証での本人確認が必要だと判明。

会員数が最大規模のペアーズがオススメだと思いますが、知人に見つかるのも嫌だなと、大手を避けてしまい、当時まだ今ほど有名ではなかった「with」をはじめることにしました。

withは占い的な相性判断があって、婚活というより恋活系のサービスです。「恋活系」というのは少し年齢層が低め&軽めという意味ですね。

無事マッチングアプリデビューを果たした私でしたが、まず思ったのは、

地方には人がいない

ということでした。都心や大阪で検索すると何万人、何千人といるのに、地方で条件を絞って検索すると数百人…。もっと条件を絞ると……。

皆さんのなかでもマッチングアプリで出会って結婚なんて都会だけの話でしょ、というイメージを持たれてる方も多いかもしれません。

人数が少ないということはそれだけ自分に合う人と出会える確率も減るわけで、さらに「いいね」機能という評価制度のせいで、「都会のほうが絶対的にモテる」という覆せない格差が、存在していました。

女性で顔出しで可愛ければ田舎は関係ないかもしれませんが、顔出ししない女性や、年収を公開しない男性には厳しいものがありますね。

Withではデートまでした方もいましたが、微妙だったので、「ペアーズいってみようかな」と思い、乗り換えることにしました。女性なら無料ですから、複数のアプリを同時進行してる女性も多いと思います。

私がペアーズを始めた頃に、あいのりの桃がブログで「マッチングアプリで彼氏できたよ~」という報告をしていて、マッチングアプリみんなやってるんだな~と思った記憶があります。

スポンサーリンク

公務員女子ペアーズで出会う

ペアーズはwithより人数が多かったです。

始めて1週間経たないくらいで、メッセージは5件とか10件とかだったかな?(あまり覚えてない)顔出ししてないのでそのくらいだと思います。

そして、一つのメッセージをくれた方とやり取りを始めて、意気投合して、数回のやり取りで、居酒屋デートをすることが決まりました。

いや~決まるときは早いんですよね。これが運命の出会いってやつ?

その後、2回目のデートで遠くまでドライブをして、告白いただき付き合うことになりました。知的な人で話が合って面白いです。

そして、どこにでもいるカップルの一組として、一緒に川で魚を取ったり、橋梁の構造に思いを馳せたり、都会のビル群を鑑賞したり、古墳を見学したり、旅行先の土木遺産を見に行ったりしました。(彼は金融系のサラリーマン)

カミノ
カミノ

楽しいひとときでした。そして、めでたく、結婚まですることができました。

スポンサーリンク

今やマッチングアプリで結婚することは珍しくない

マッチングアプリは、出会いに特化してますから、お互いの相性をプロフィールで確認して、会うかどうか決めることができます。

それから、デートを何度かして、正式にお付き合いするか決めることができるのです。

ここが合コンやナンパと決定的に違うところですね。

恥ずかしながら私自身それなりの数のコンパを経験してきましたが、そこから付き合えても、長続きした人はいなかったです。おそらく合コンから結婚まで発展する確率は、動物園にパンダを見に行ってパンダが近くに寄ってきてくれる確率くらい低い

その点、相性を事前に確認できるマッチングアプリは優秀です。

私の友達ではアプリで出会って結婚したカップルがいますし、友達の友達ではもっと聞きます。まあ私が結婚してるので、説得力はありますよね(笑)

スポンサーリンク

マッチングアプリを使ってみての感想

感想をいくつか書いてみます。

合コン以上お見合い未満

使ってみた感想としては、合コンよりも本気度が高くて、でも結婚相談所やお見合いまでするのは気が引けるという層が使ってる感じです。

コロナ以前は、合コン層とも被ってたし、合コンは限られた日程でしか入れない一方、アプリは24時間できるので、少しずつアプリにシフトしてるのかなーという感じでした。

皆さんも想像してるかもしれませんが、合コン以上お見合い未満、というのがやってみたイメージですね。

本気で恋人を探してる人は多い

マッチングアプリを怪訝な目で見てる人は少なくありませんが、一般大衆に広く普及してるのは間違いないです。本気で恋人探してるんだろうな~って人は意外にめちゃくちゃいます。

なかにはサクラっぽい人とか、遊び相手を探してそうな猫かぶりアカウントもいますが、たいていの人は、どこにでもいそうなマトモな人です。イケてないオッサンや、理系で出会いが無かったんだろうな~っていう普通の人たちが沢山います。

カミノ
カミノ

知り合いも何人かいたし、職場の同僚たちからもアプリやってるって話を聞きますね。

現実社会でモテない人は、アプリでもモテない?

「現実社会でモテない人は、アプリでもモテない」という金言がありますが、これはある意味正しいと思います。どうしても、イケメン美女はモテるし、ブサイクはモテない。悲しいけど、事実です。

ただし、私が結婚できたように、そこまでイケメン美女ではなくても、いけるんじゃないかなーと思います。要は相性が良い異性と出会えるかどうかです。

理想が高すぎる人や、現実世界でほぼ付き合った経験がなく、異性とどう接したらいいのか分からない人は、厳しいかもしれません。ネットで出会えたとしても、実際に会ってからデートを重ねて、お互いが恋人になる判断をしますから。

でもでも、このように悲観的になるのも、違うかなと思いますので、女性は無料ですからとりあえずチャレンジしてみるべきだと思います。

男性でも費用は掛かりますが、行動しない限り、恋人はできませんから、こちらもチャレンジするしかないです。

次回、マッチングアプリの使い方、デートまでの流れを説明したいと思います。

アプリに後ろめたさがあるのは事実

アプリ婚が少しずつ増えてきたと言っても、前身として出会い系サイトという存在があったこと、また、現在でもヤリ目(ヤルことだけが目的の人たち)が少なくないことから、マッチングアプリに対して「危ない」「不健全」「下品」のような悪いイメージを持ってる方は多いと思われます。

それに結婚(を前提としたお付き合い)という人生の華とも言えるイベントを、機械的に処理したような印象を与えてしまうのもあるかもしれません。

ですから、私も友人・知人には、マッチングアプリで出会った!とはっきり話していません(笑)共通の趣味があるのでそのコミュニティで出会って仲良くなったことにしたり、「色々活動してたんですぅ~」と濁したりしてます(笑)

私のまわりでアプリ婚はいますが、正直に言うのは凄いな~と思います。

家族には正直に話しました。彼は大卒でまともな正社員だし、誠実な人柄なので、何も問題なく受け入れてくれました。出会った経緯はまったく気にしてないようです。お互いの両親がそんな感じですね。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?ただの婚活体験記でしたが面白かったですか?

おすすめのマッチングアプリは?と聞かれたらペアーズとしか言いようがないですね。私と彼でn=2ですが。まあ、やるとしたらアクティブユーザーが多いサービスがいいですよ。

詳しいマッチングアプリの攻略法はこちらをご覧ください。

それと、どのように異性とお付き合いしていくべきか、令和の恋活女子?恋愛指南書(決定版)も近日公開予定です。

では、拙い感想文でしたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。

 
今日はこのあたりで。

またぬん(*’ω’*)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました